2006年10月22日

体制改革について審議

2006年10月22日06:00 FM95 のニュース

内閣は今日、政治体制改変を求めるアビグドール・リーベルマン議員の法案について投票する。過半数は確約されていない。労働党とシャスは反対する模様。今決議は、現内閣の構成を変える可能性がある。

先週、立法閣僚委員会がリーベルマンの法案を決議した。カディーマ所属の閣僚5人が賛成、他4人が反対。ヤアコブ・ベンイズリー厚生相は欠席した。今日の投票はエイタン・カベル議員が決議に対し、異議を唱えたため。

続きを読む

投稿者 moshe : 14:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月02日

軍事作戦続く

2006年7月2日09:00 FM95 のニュース

国防相、参謀総長、国防軍情報部長、対内諜報機関長は閣僚会議で、軍事作戦の報告をする。メニー・マゾズ内閣法務顧問は、ハマス幹部拘束に対する法的見解を伝える予定。

軍事作戦は続き、国防軍は今朝、カサム・ロケット弾発砲場があるガザ北部を爆撃。国防軍は週末に1,000発以上の砲弾を撃った。ガザ南部で同軍は対戦車ミサイルによる攻撃を受けたが、負傷者は出なかった。また昨夜イスラエル軍は、首相府を含むハマス関係の標的を攻撃。活動家2人が死亡した。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:18 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月21日

オルメルト首相、初の訪米

2006年5月21日07:00 FM95 のニュース

エフード・オルメルト首相は、今日昼ワシントンに発ち、23日(火)にブッシュ大統領と会談及び会食する。このほか、ラムズフェルド国防長官と同日、ライス国務長官と22日(月)に会談する。

水曜日は、上下両院での演説の後、在米ユダヤ人社会代表らと会談する。イスラエル政府関係者は「米政府は、オルメルト首相に暖かい訪問を用意している」と発言。また「会談の要点はイラン危機であり、(イスラエル占領地の)集中計画は留意されるにとどまる」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 14:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月15日

「ポラード釈放に全力で努める」年金党エイタン党首

2006年5月15日10:00 FM95 のニュース

ラフィー・エイタン大臣は「ジョナサン・ポラードによる中傷に関わりなく、彼の釈放に全力で努める」と発言。また取材に対しエイタン大臣は、キューバへの旅行の目的が、カストロ評議長と面会との説を否定。「これは個人的な旅行で、目的はビジネスだ」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 17:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月11日

俳優ヨースィー・バナイ死去

2006年5月11日15:00 FM95 のニュース

イスラエル賞(※注1)受賞者で作家、俳優、監督、劇作家のヨースィー・バナイがテルアビブの実家で癌で亡くなった。74歳だった。葬儀は12日午前11時から、キブツ・ギブアット・ハシュロシャの墓地で行われる。

ナハル部隊(※注2)出身のヨースィー・バナイは、自らの出身地であるマハネ・イェフダ市場付近の住宅地を多くのアルバムや番組の題材にした。その住宅地と、エルサレム出身のソラメロ(※注3)を画いた劇『ソラメロの帰還』は大きな反響を呼んだ。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:03 | コメント (2) | トラックバック

2006年05月02日

戦没記念日記念式典

2006年5月2日06:00 FM95 のニュース

今日の戦没記念日記念式典は11時に、23,123人(※注1)の死者への黙祷と2分間のサイレン吹鳴を持って開始する。その後、国防軍墓地、非軍事墓地、モニュメントなど93ヵ所で式典が開かれる。

中央式典はヘルツェル山で午後1時に開催。去年は、138人の兵士と45人の民間人が亡くなった。

続きを読む

投稿者 moshe : 21:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月01日

シャス連立参加。内閣ほぼ確定

2006年5月1日06:00 FM95 のニュース

シャスとの連立合意が調印された。シャスのエリ・イシャイ党首は、副首相兼通商産業労働相を確保。シャスは他に通信相、首相府宗教担当の無任所相、教育または財務担当のの無任所相を確保した。イスラエル土地局はカディーマに譲られた。

社会保障政策については、予定されていた多子世帯への児童手当の削減計画を中止することで合意。また、20億シェケルが貧困世帯の児童と彼らの教育プロジェクトに宛てられることで合意し、イシャイがこれらを担当する社会経済審議会の議長となった。

続きを読む

投稿者 moshe : 15:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月18日

鳥インフルエンザ上陸

2006年3月18日08:00 FM95 のニュース

イスラエル厚生省によると、鳥インフルエンザに感染した疑いで、ソロカ病院とバルズィライ病院に入院した4人は感染していないことが確認された。EU(ヨーロッパ連合)はイスラエルからの鳥肉と卵の輸入を禁止しているが、禁止は来週、再検討される。

世界保健機関(WHO)は、イスラエル厚生省の、国内での鳥インフルエンザ発生への対処に満足している。WHOの鳥インフルエンザ部のスポークスマン、グレゴリー・ハルターは「厚生省による病気の公開と大衆への情報開示は前向きなものと理解できる」と発言。あわせて、鳥インフルエンザが発生した国が、年始から14から42にまでに拡大したと発表した。

続きを読む

投稿者 moshe : 20:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月06日

パレスチナの『パラダイス・ナウ』、アカデミー賞逃す

2006年3月6日07:00 FM95 のニュース

エフード・オルメルト首相代理はAPEC会議で「イスラエルは全ての手段を使い、イランの核開発を阻止する」と述べた。ワシントンのイスラエルロビーに対する衛星放送の演説でオルメルトは「イランは世界共同体にとって脅威だ」と強調し、アメリカが対イラン前線に立ったことを賞賛。「(アメリカの)援助があれば目的を成し遂げられる」と語った。

−−−

続きを読む

投稿者 moshe : 19:11 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月04日

ナザレで、受胎告知教会攻撃に対しデモ

2006年3月4日15:00 FM95 のニュース

ナザレのハマアヤン広場では、昨夜のハビービ家メンバーによる、受胎告知教会への攻撃に対する抗議行進が始まろうとしている。教会近くでは演説が行われる。

アラブ系イスラエル人の追跡調査委員会は「次なるハビービたちの出現を恐れる」と延べ、「個人的経済的困難から犯行に及んだ」とする警察の見解を信じていない。

ハビービ家メンバーは今日、ナザレの簡易裁判所に移送される。警察は彼らの拘束帰還の延期を要求している。

続きを読む

投稿者 moshe : 22:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月02日

超正統派の貧困率拡大

2006年3月2日07:00 FM95 のニュース

防衛機関関係者は「イスラエルは新しいテロの波に直面しようとしている」と述べた。年始から、発砲テロや焼夷弾のテロの数が大幅に上がった。また、爆弾テロや車への投石も増えた。西岸地区では、先週だけで25件の発砲テロがあった。

防衛機関関係者は、イスラエル国内でのテロ実行の困難、ハマスのテロ実行凍結、タンズィームやイスラム聖戦の自治政府選挙結果への不満などが、テロリストが自発的にテロを行う事につながったと説明している。また、ヒズボラやイスラム聖戦はテロリストに報酬を与えている。

−−−

続きを読む

投稿者 moshe : 21:28 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月29日

イスラエル・2005年のまとめ

新聞も年末特集などやっていたので、今年の出来事を振り返ってみたいと思います。


1月
マハムード・アッバス、パレスチナ自治政府議長に就任:アラファト死後初の議長選で、アッバスが勝利。

2月
ラフィク・アル・ハリーリ暗殺:反シリアのハリーリ元レバノン首相が暗殺された。暗殺はシリアが行ったとして調査が行われ、レバノンでは反シリアデモが起きる。

4月
ローマ法王死去:親ユダヤ的としても知られていて、久しぶりのイタリア人以外の法王で、宗教を問わず世界各国から人気のあったヤハナン・パウルス2世が死去。後任はドイツ人のベネディクト16世となった。

作詞家エフード・マノール死去:Ein li Eretz Akheretなどで有名な作詞家エフード・マノールが心臓発作で死去。(Ein li Eretz Akheretはレバノン戦争に対して書かれた反戦歌)

続きを読む

投稿者 moshe : 23:29 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月25日

今年もやっと冬到来

2005年12月25日13:00 FM95 のニュース

ガリレア湖の水位が75cm上昇し、現在「上位レッドライン」より2.85m下に位置している。ヘルモン山では、多くの雪が降り続いている。ロープウェーの下では70cmの積雪。上では1mまで降り積もっている。スキー場経営者は、明後日にでも利用者に向けて開設出来ると考えている。

続きを読む

投稿者 moshe : 17:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月11日

イスラエル・オーマン教授、ノーベル経済学賞受賞

2005年12月11日07:00 FM95 のニュース

英紙『サンデー・タイムズ』は、アリエル・シャロン首相が、来年3月末にイランの原子炉攻を撃を攻撃できるよう、準備を指示したと報じた。同紙によると、イスラエル諜報機関は、非軍事施設に見せかけた、秘密のウラン濃縮施設を発見。この情報は、IAEA(国際原子力機関)に知られていない。

同紙によると、イスラエルの諜報機関は、イラク北部に新たな拠点を展開し、要員をイランへ送った。また、先週シャロン首相の指示が出てから、イスラエル軍は警戒態勢に入っているとも報じた。[…]

−−−

続きを読む

投稿者 moshe : 17:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月04日

故イツハク・ラビン首相暗殺10周年

2005年11月4日08:00 FM95 のニュース

エリヤーフ・マツァ元最高裁判所裁判官は、「イツハク・ラビン暗殺に関するイーガル・アミールの罪は、明白だ」と発言した。アミールは警察の事情聴取で暗殺容疑を認め、裁判でもそのことに対し上訴しなかった。

マツァ裁判官は当時、イーガル・アミールの上訴について判決を下した裁判官団のメンバーの1人。マツァ裁判官はインタビューで、裁判は扇動と暗殺の関係について触れなかったが、暗殺数日後アミール本人が「宗教的後援が無ければ行動しなかった」と供述した、と発言した。


超正統派の学校では、イツハク・ラビン首相追悼記念は行われない。多くの学校は、各学校に送られた、暗殺とその影響について書かれた教材を、教育省に返送した。宗教私立学校やトーラー学校の「マアヤン」は「ラビンは聖書の偉人ではないので、記念式典を行う必要は無い」と述べた。

教育省は、ユダヤ社会やイスラエル社会における対立やそれらの民主的解決についての教材を各学校に送り、超正統派の学校もイツハク・ラビンの追悼記念日に参加するよう努力をしていると発言した。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月30日

今日から大学スタート

2005年10月30日08:00 FM95 のニュース

今日、高等教育機関の新学年が始まる。250,000人の大学生が8つに大学と52の専門学校で勉強を開始する。

学士号へ向けて勉強する学生の数が増えていなく、前年とほぼ同じの193,000人。高等教育理事会は学生の数が増えないことに対し、「高等教育の予算不足を反映している」と主張した。

続きを読む

投稿者 moshe : 15:41 | コメント (4) | トラックバック

2005年10月25日

イスラエル・エジプト国境で、スーダンからの密入国者逮捕

2005年10月25日15:00 FM95 のニュース

イスラエル・エジプト国境で6人のスーダンからの密入国者が捕まった。その内、3人は母親と、それぞれ5才と8才の2人の子供。事情聴取で母親は、スーダンでの私用が済み次第、父親も来る予定だったことを供述した。

近年、アフリカ諸国やイスラム諸国から、保護を持てめてやって来る密入国者が、増えている。密入国者は、国連難民課イスラエル支部のミッキー・バブリー長官に問い合わせ、自国の政府から追われているという理由で、入国許可を得ている。

移民警察によると、入国者の多くは、職を求めてる労働者か、以前イスラエルから追放されたが戻り、国連から許可を得る者が多い。


また、許可証の偽造が増えていて、密入国者の一部はそれを持ってイスラエルに来ている。許可証は、追放や裁判からの、免除を与えている。国が密入国者を保護するケースはごくわずかだが、数千人は、ミッキー・バブリー長官を通し、国連から一時的なビザを得ている。

続きを読む

投稿者 moshe : 22:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月11日

イスラエル人のロバート・オーマン教授、ノーベル経済賞受賞

2005年10月10日18:00 FM95 のニュース

今年のノーベル経済賞受賞者、ヘブライ大学のロバート(イスラエル)・オーマン教授は「イスラエルはゲーム・セオリーの学派では、初の世界大国となった」、と発言した。

オーマン教授は、メリーランド大学のトーマス・シェリング教授と共に、ゲーム・セオリーに基づく、国同士の衝突や協力についての研究に対し、受賞した。


ヘブライ大学のメナヘム・メギドー学長は、「ストックホルムで下された決定は、イスラエルの大学にとって、大変名誉なことだ」、と発言した。

モシェ・カツァブ大統領は「彼(オーマン教授)はイスラエルの先駆者の1人だ。イスラエル国民に栄光をもたらした」、と発言。

リモール・リブナット教育大臣もオーマン教授を祝福し、今後も世界で活躍できるイスラエル人を育てる為、大学予算を増やすことを呼びかけた。

続きを読む

投稿者 moshe : 20:26 | コメント (5) | トラックバック

2005年10月02日

イスラエルコンテナ船 日本の漁船に当て逃げ

2005年10月2日13:00 FM95 のニュース

日本の沿岸警備隊は、ZIMのコンテナ船があたったと見える、漁船を発見した。漁船船員7人は死亡した。

日本の沿岸警備隊の調査によると、漁船の損傷は、イスラエル船の傷と一致している。沿岸警備隊員は、「我々はZIMのコンテナ船が漁船に当たったと疑っているが、まだ調査を続けている」、と発言した。


交通省は、この事件に対し、調査員を派遣する。調査員は、コンテナ船の次の目的地である香港に派遣される。

ZIMは、自社の船はここ数週間事故に関連していない、と発言している。

続きを読む

投稿者 moshe : 19:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月20日

ナチハンター シモン・ヴィーゼンタル死去

2005年9月20日12:00 FM95 のニュース

今日ウィーンで、ナチハンターのシモン・ヴィーゼンタルが96歳でなくなった。ホロコーストの生存者で建築家が職業の、ヴィーゼンタルは50年以上の間、1000人以上の元ナチス幹部を裁判にかける事に尽くした。

アドルフ・アイヒマン逮捕に協力したが、ヨゼフ・メンゲレを逮捕できなかった事を生涯悔やんでいた。


自ら創立したセンターを使い、反ユダヤ主義や人種差別主義などと戦った。また、ホロコーストの教訓を世界に伝える活動を、生涯続けていた。

続きを読む

投稿者 moshe : 20:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月13日

ジョナサン・ポラード

2005年9月13日11:00 FM95 のニュース

首相府によると、シャロンはブッシュ大統領との会談で、ジョナサン・ポラードの件を浮上させる。エステル・ポラード夫人は、シャロンが米大統領との会談で夫の件を浮上させることに、希望を見出していると話し、ブッシュ大統領側近2人が、もしこの件が浮上したならば、米大統領は要求に受諾すると言ったと発言。

首相は国連総会に参加する為にニューヨークに飛んだ。シャローム外相は、昨日既に出た。

続きを読む

投稿者 moshe : 19:06 | コメント (0) | トラックバック