2007年01月26日

カツァブ大統領、職務停止。イツィク議長が暫定大統領

2007年1月25日18:00 FM95 のニュース

ダリヤ・イツィク国会議長は、今から暫定大統領となる。国会委員会は「3ヶ月間職務遂行が不可能になった」とするカツァブ大統領の発表を承認した。この間、カツァブはまだ大統領とみなされるため、起訴することは出来ない。ルハマ・アブラハム委員長は「委員会は日曜日に、大統領の罷免に必要な手順を固める」と発表した。

続きを読む

投稿者 moshe : 09:35 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月25日

カツァブ大統領、無実を主張。メディア・警察を非難

2007年1月24日(水)22時 FM95のニュース

カツァブ大統領は全ての起訴を否定し、「自分は無実であり、現時点では辞任するつもりは無い」と強調した。しかし、「マズズ検事総長が、訴状の提出を決定すれば、行政裁判所で公約したように辞任する」と発言した。

続きを読む

投稿者 moshe : 19:33 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月24日

カツァブ大統領への起訴決定。各政党から非難

2007年1月23日16:00 FM95 のニュース

婦女暴行などの罪で起訴されることが決まったモシェ・カツァブ大統領の弁護人の1人、ダビド・リバイ弁護士は「大統領は、明日記者会見を開き、起訴により、一時的に職務の継続が不可能となることを発表する」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 07:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月04日

カツァブ大統領息子もワイセツ行為容疑で起訴

2006年12月3日(日)22時 FM95のニュース

イスラエル電車会社の女性従業員が、同社の従業員でモシェ・カツァブ大統領の息子であるアリエル・カツァブ氏が、言葉のワイセツ行為を働いたとして起訴を提出した。電車会社の報道官は、「2週間前、同社のワイセツ行為担当員に提出され、内容は現在検討されている」と認めた。

続きを読む

投稿者 moshe : 07:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月30日

労働党中央委員会、リーベルマン入閣を承認

2006年10月30日08:00 FM95 のニュース

カツァブ大統領の兄弟リオール・カツァブ氏は、「彼は、犯罪者が作り出した嘘に基く、濡れ衣の被害者だ」と述べた。取材に対しカツァブ氏は、「大統領に対するリンチ」や「任期に泥を塗る行為」に対し遺憾を表し、「彼には自衛の権利がある。裁判があるなら、判決まで待つべきだ」と牽制した。

続きを読む

投稿者 moshe : 15:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月29日

レバノン戦争における予備役兵対処問題・大統領強姦疑惑問題

2006年10月29日14:00 FM95 のニュース

行政裁判所では、7人の裁判官から構成される法廷が、レバノン紛争に対する国家調査団結成とエリヤーフ・ヴィノグラード元判事率いる内閣調査団の廃止を求める告発について審理を今開始する。告訴は、正常な行政経営を求める民間運動「オメツ」と「権力の質を上げる運動」が提出した。

続きを読む

投稿者 moshe : 23:58 | コメント (0) | トラックバック