« 2011年9月を迎えて | メイン | トルコ:イスラエル大使追放を発表 »

2011年09月02日

トルコがイスラエルに謝罪要求:ガザ支援船拿捕事件

2011年9月1日 20:00のニュース

トルコは、ガザ支援船マルマラの拿捕で9人が死亡した事件に関する国連のパルマー調査報告書の公表までにイスラエルが謝罪しなければ、制裁を加えると警告した。トルコのダーヴトオール外相はToday’s Zaman紙の取材に対し、「公表の日までにイスラエルが謝罪しない場合、制裁を加える。内容はイスラエルも国際社会も理解している」と発言。パルマー調査委員会は2日に報告書を事務総長に提出する予定だが、公表は来週半ばになる可能性もある。

イスラエル政府筋は「支援船の事件に関して謝罪するつもりはない」と述べた。「報告書はトルコ寄りではなく、外相の発言は圧力を加えるためだ」とした。他の主要関係者はイスラエルが、9人の死亡を遺憾とすることを提案したが、謝罪は拒否したことを明らかにした。関係者らは「報告書はイスラエルによるトルコ船拿捕の正当性を認め、支援船の渡航を阻止する努力が足りなかったとしてトルコを批判している」とした。

報告書は、イスラエル軍の行動が「過剰だった」と批判している。

---

シリア軍は民兵と共に、ハマの民家を襲撃している。ハマのアドナン・ムハマンド・バックール地方検事長は辞意を表明。同検事長によると、10日前に開始したハマへの攻撃では、400人が死亡し、遺体は公園などの共同墓地に埋葬された。検事長は、1ヶ月前、同市の刑務所でデモ隊72人が死亡したことにも抗議した。

EUは2日、シリアからの石油禁輸を決定する見通し。シリアの原油輸出の95%はEU諸国向けであるため、禁輸はシリア政府に大きな打撃を与えると思われる。ただ、欧州の石油会社の損害を抑え、準備期間を設けるというイタリアの要望を受け、決定が行使されるのは2ヵ月半後となる。

EUは同時に、シリア実業家4人の資産を凍結し、EU諸国への入国を禁止する見通し。4人はアサド政権の財政に協力しており、既に同趣旨の措置を取っているシリア人やイラン人約50人のリストに加えられる。


【コメント】

ガザ支援船襲撃事件をめぐる、トルコとイスラエルの確執のニュースと、シリア動乱のニュース。

投稿者 moshe : 2011年09月02日 09:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/474

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)