2008年07月
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月31日

オルメルト首相、辞任を表明

2008年7月30日(水)22時のニュース

エフード・オルメルト首相は、カディーマの次期党首選の不参加を表明し、新党首就任後に辞表を提出すると発表した。同首相は首相官邸で、党首選に関与しないと述べ、「いかなる結果も受け入れる」と発言。また、自身の内閣の功績を挙げ、首相就任時から、事情聴取や自称・正義のために闘う者による批判を受け続けた」と指摘。さらに「批判は現実に合わないものだった」と強調し、「私はこれまでの人生で後悔すべき間違いを犯したが、真実は国民に開示されていない」とした。

続きを読む

投稿者 moshe : 08:23 | コメント (0)

速報:「カディーマ党首選後に辞任」オルメルト首相

エフード・オルメルト首相はエルサレムの首相官邸で記者会見を開き、9月17日に行われる党首選には出馬せず、新党首の就任を以って首相を辞任すると発表した。同首相は調査が行われている汚職疑惑に対しては無罪を主張し、「警察が、首相も一国民として調査できるような民主国家に住んでいることを誇りに思う」と発言。また、北部の安全保障の改善、福祉事情の改善、失業率の低下など、就任時の功績をあげた。

続きを読む

投稿者 moshe : 02:14 | コメント (5)

2008年07月26日

ニュースが更新できない…

暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

こちらは、8月半ばまで試験です。今月は、ヒズボラとの捕虜交換、オバマの中東訪問、エルサレムのブルドーザー事件再発など大きな事件が続いていますが、中々更新できません。ニュースの録音はしているので、試験が終わり次第、更新しておきます。

ではでは?

投稿者 moshe : 19:11 | コメント (2)

2008年07月24日

バラク・オバマ米下院議員、スデロットを訪問

2008年7月23日(水)20時のニュース

バラク・オバマ米下院議員はスデロットを訪問し、「私の家にロケットが落ちてきていたら、攻撃を止めるために全力を尽くしていただろう」と述べた。同議員は「ハマスはパレスチナ人民の民意を反映しないテロ組織であるため、イスラエルはハマスと交渉する必要はない」と強調。イラン問題に関しては、「世界はイランの核武装を阻止しなければならない」とした。

続きを読む

投稿者 moshe : 07:57 | コメント (0)

2008年07月23日

バラク・オバマ米大統領候補、エルサレムの暴走事件を批判

2008年7月22日(火)18時のニュース

バラク・オバマ米下院議員はエルサレムで起きたテロを強く批判し、「どんな時も、イスラエルのテロとの戦いと平和と安全への願いを支持する」と強調。同議員は、2日間のイラク訪問を終え、今日午後ヨルダンを訪れた。今夜、イスラエルに到着し、テロ現場から離れていない、キング・デービッド・ホテルに宿泊する予定。

続きを読む

投稿者 moshe : 04:43 | コメント (0)

2008年07月17日

ヒズボラと捕虜交換。拉致兵士、遺体で国に還る

2008年7月16日(水)20時のニュース

拉致兵士エフード・ゴールドヴァセルとエルダド・レゲブの遺族は現在、アッコ近辺のシュラガ基地で遺体と面会している。拉致兵士を入れたイスラエル国旗に包まれた棺は、ロッシ・ハニクラ国境通過地点から、遺族、首相、国防相、参謀総長らが参加する式典が行われるシュラガ基地に移送。ハルーツ前参謀総長も式典に参加する。

続きを読む

投稿者 moshe : 04:31 | コメント (0)

2008年07月15日

イスラエル政府、ヒズボラとの捕虜交換を承認

2008年7月15日(火)13時のニュース

イスラエル政府はヒズボラとの捕虜交換を承認した。エフード・オルメルト首相を含む閣僚22人が交換に賛成し、ダニエル・フリードマン大臣、ゼエブ・ボイム大臣とロニー・バロン大臣の3人が反対した。

続きを読む

投稿者 moshe : 21:43 | コメント (0)

2008年07月03日

ヘブライ語の「テロ」

2008年7月2日(水)17時のニュース

スルバヘル出身のテロリストが、エルサレムのヤッフォ通りで3人を殺害し、50人以上を負傷させた。テロリストは働いていた建設会社のブルドーザーで乗用車やバスを破壊し、通行人を轢いた。犯行を目撃した女性警官が犯人に向け発砲。他の警官はブルドーザーに飛び乗り、犯人ともみ合い負傷した。他に兵士と特別パトロール隊の隊員もブルドーザーに飛び乗り、テロリストに発砲。犯人はその場で死亡した。

エルサレム警察長は同市の警備を高めるよう指示した。

続きを読む

投稿者 moshe : 04:10 | コメント (0)

2008年07月01日

「捕虜交換の承認、困難だった」オルメルト首相

2008年6月30日(月)16時のニュース

オルメルト首相は「ヒズボラとの交渉を受け入れることは、サミール・クンタール釈放の代償に対し返還する兵士の生死がハッキリしていなかったため、困難だった」と述べた。同首相は「兵士が死亡している可能性は高いが、定かではない」と付け加えた。

続きを読む

投稿者 moshe : 03:02 | コメント (0)