2007年11月
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月30日

レウミー銀行汚職疑惑/映画『The Debt』

2007年11月29日(木)20時のニュース

イスラエル警察は、オルメルト首相のレウミー銀行競売の汚職疑惑を、証拠不十分で不起訴にするよう提案した。この事件で同首相は2度調査を受けた。警察は、事件に関わった弁護士の事務所、財務省、イスラエル銀行などを調査。また、米国や豪州でも調査を行った。警察は調査報告書を検事総長に提示し、後者が警察の提案を実行するか決定する。

続きを読む

投稿者 moshe : 09:47 | コメント (0)

2007年11月29日

「アナポリスの後が重要」ブッシュ米大統領

2007年11月28日(水)22時のニュース

ジョージ・ブッシュ米大統領は、ホワイトハウスのバラの庭で、イスラエルのオルメルト首相、パレスチナ自治政府のアブー・マゼン議長と会談した際に、「アナポリス会議は重要であり、希望も生まれたが、会議後の月日の方が重要だ」と述べた。同大統領は、両首脳が平和のために最善を尽くす約束したことを評価。「私も彼ら(オルメルトとアブー・マゼン)も平和が実現できないと考えていたならば、ここにいなかった」と強調。三者会談の前に同大統領は、両首脳と個別に会談した。

続きを読む

投稿者 moshe : 08:29 | コメント (2)

2007年11月28日

アナポリス会議開催。「2008年末までに最終合意」

2007年11月27日(火)20時のニュース

ブッシュ大統領は、イスラエルとパレスチナが、パレスチナ独立国家の樹立に向け、2008年末までの最終合意を目指し、交渉を開始することを発表した。オルメルト大統領とアブー・マゼン議長が同意し、共同声明に調印したもの。交渉は2週間後に開始し、両国は全ての重要問題について協議する。交渉はロードマップに基づき、両国の代表が進展を監視する。

続きを読む

投稿者 moshe : 04:22 | コメント (0)

2007年11月27日

明日のアナポリス会議に向け、最終調整

2007年11月26日(月)16時のニュース

エフード・オルメルト首相はアナポリスで行われるブッシュ大統領との会談に向け、ツィーピー・リブニー外相、バラク国防相やイスラエル交渉担当部と協議している。大統領との会談では、明日の演説に向け、アナポリス会議で扱われる全ての協議に関する最終調整を行う。共同声明は未だに、完成していない。

続きを読む

投稿者 moshe : 01:19 | コメント (0)

2007年11月26日

シリアがアナポリス会議参加を決定

2007年11月25日(日)17時のニュース

シリアがアナポリス会議への参加を決定した。同国のサナ通信は「シリアの望む議題が盛り込まれたため、ファイサル・メクダド外務次官を代表として会議に参加する」と報道。イスラエル代表は「シリア代表の参加を好適に取る」と指摘。しかし、「この会議は、他のアラブ諸国との和平プロセスを推進する可能性があるが、扱っているのはパレスチナ問題だ」と強調した。

続きを読む

投稿者 moshe : 00:45 | コメント (0)

2007年11月25日

サウジがアナポリス会議参加を表明

2007年11月24日(土)16時のニュース

アラブ連合加盟国の外相らは「アナポリス会議への招待を受ける」と述べ、「閣僚レベルの代表を派遣する」と発表した。サウジ外相のサウド・エルファイサル王子は「我が国は、平和について話し合うために、閣僚レベルの代表を持って会議に臨む」と言明した。

続きを読む

投稿者 moshe : 00:08 | コメント (0)

2007年11月24日

イスラエル予備少将、イランへのスパイ未遂容疑で逮捕

2007年11月23日(金)12時のニュース

イスラエル人精神科医のダビッド・シャミール予備少佐が先週、イランへのスパイ未遂容疑で逮捕されたことが明らかになった。テルアビブ地裁に提出された起訴状によると、同少佐はロンドンやアンカラのイラン大使館やガザのエルアザル大学と接触。また同起訴状は、衛生部隊の緊急対策、戦争中の後方における精神ケア対策、ロケット攻撃時における住民避難策や今後の見解など、極秘情報を得ていたとした。

続きを読む

投稿者 moshe : 07:53 | コメント (0)

2007年11月23日

アナポリス会議に向けた事前交渉続く

2007年11月22日(木)17時のニュース

イスラエル政府は「アラブ諸国は、パレスチナへの譲歩を条件として、イスラエルとの国交を改善する用意がある」とする報道を歓迎。同関係者は「報道は、アラブ諸国との国交を、和平プロセスの終わりにではなく、現時点に国交を改善しようとするイスラエル政府の意向にかなっている」とした。

続きを読む

投稿者 moshe : 01:50 | コメント (0)

2007年11月22日

「譲歩しすぎれば、非難はイスラエルに」バラク国防相

2007年11月22日(水)18時のニュース

エフード・バラク国防相は政治外交委員会で「パレスチナ側の期待を無意味に高くし、イスラエルがアナポリス会議の失敗について非難させるよう仕向ける閣僚がいる」と批判した。同国防相は「そのような行為は、イスラエルが自らの主張を頑なにし、パレスチナに歩み寄らなかったとする非難に繋がる」と強調した。

続きを読む

投稿者 moshe : 02:01 | コメント (1)

2007年11月21日

オルメルト首相、アナポリス会議に向け、ムバラク大統領と会談

2007年11月21日(火)17時のニュース

オルメルト首相はシャレム・エルシェイクでの訪問を終え、イスラエルに帰国した。首相の主要側近は「エジプトはアナポリス会議を全面的に支持しており、他のアラブ諸国にも参加を呼びかける」と発言。同側近は、両国の首脳会談で「アナポリス会議を和平プロセスの開始点とし、イスラエルとパレスチナが今後交渉を続ける」とする構想をムバラク大統領が支持していることが明らかになったとした。

続きを読む

投稿者 moshe : 01:38 | コメント (0)

2007年11月20日

イスラエル内閣、パレスチナ囚人441人の釈放を決定

2007年11月20日(月)15時のニュース

イスラエルのオルメルト首相とパレスチナ自治政府のアブー・マゼン議長はまもなく、エルサレムで会談する予定だ。イスラエル内閣は、アナポリス会議に向けた意思表示として、ファタハ活動家のパレスチナ囚人441人の釈放を決定。シャス系大臣、リーベルマン大臣、モファズ大臣とアハロノビッチ大臣は決定に反対。囚人リストは、イスラエル人の殺害に関与した囚人を含んでおらず、16人はガザに住んでいる。

続きを読む

投稿者 moshe : 00:47 | コメント (0)

サダト大統領のイスラエル訪問30周年

1977年11月19日、エジプトのサダト大統領がイスラエルを訪問した。時は、ヨムキプール戦争の4年後。政権交代によるリクード政権誕生の半年後。訪問は19日(土)から21日(月)まで続いた。アラブ国家の首脳がイスラエルを公式に訪問するのはこれが初めてで、イスラエルでは近隣諸国との和平に対する大きな期待が生まれた。

続きを読む

投稿者 moshe : 00:22 | コメント (1)

2007年11月19日

アナポリス会議に向け、労働党で中央委員会会議

2007年11月19日(日)19時のニュース

イスラエル政府首脳は「パレスチナがこれまでの全ての合意を撤回したため、アナポリス会議で発表される共同声明の作成は完了していない」と述べた。同首脳は「イスラエル政府は、別々の声明の発表を検討中だ」と発言。また「アラブ連合がどの国のどの階級の人物を送っても、イスラエルは受け入れる」と付け加えた。

続きを読む

投稿者 moshe : 06:58 | コメント (0)

2007年11月18日

ラビン広場で中高教員のデモ集会。数万人が参加

2007年11月17日(土)22時のニュース

サッカー・イスラエル代表はロシア戦で、数万人のイングランド・ファンを喜ばせる、劇的な勝利を収めた。90分、1?1の状態で、オメル・ゴラン選手が勝利のゴールを得点。イングランドの欧州選手権出場の可能性を残した。他のゴールはエルヤニブ・バルダ(イスラエル)とエディヤネフスキー(ロシア)が得点した。

続きを読む

投稿者 moshe : 06:40 | コメント (0)

2007年11月17日

サッカー、今日ロシア戦

2007年11月16日(金)21時のニュース

イスラエル政府はアナポリス会議に向け、19日(月)にパレスチナ囚人500人の釈放について協議する。閣僚間会議は、釈放候補のリストを作成。リストに載った人物は、ユダヤ人を殺さず、残りの刑務期間が少ないファタハ活動家に留まった。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:30 | コメント (0)

2007年11月16日

「イランの協力は不十分」IAEA報告書

2007年11月15日(木)22時のニュース

米国は「イランがウラン濃縮を続けている」とするIAEAの報告書を受け、「イランに制裁を加えるよう、国連安全保障理事国に圧力をかける」と予告した。ホワイトハウス報道官の発言。ザルメイ・ハリルゼイド米国連大使は、イランに対する追加制裁の決定を阻止しないよう中国に呼びかけた。同大使は「イランはウラン濃縮に加え、重水を用いる核施設の建設を続けている」と強調した。

続きを読む

投稿者 moshe : 09:47 | コメント (0)

2007年11月15日

アブー・マゼン議長、ハマスを批判

2007年11月15日(木)14時のニュース

パレスチナ自治政府のアブー・マゼン議長は、ハマス政府打倒を呼びかけた。同議長は、ラマーラで行った演説で「力任せにガザ地区を占拠し、パレスチナ人民の苦しみを利用しているギャング」を一掃するよう強調。また、ガザ市のヤセル・アラファト追悼記念式典で発生した、「残虐なギャング」による「冷徹」な発砲を非難。式典では、8人が死亡した。

続きを読む

投稿者 moshe : 21:28 | コメント (0)

2007年11月14日

モファズ大臣、イランを非難

2007年11月14日(水)13時のニュース

シャウル・モファズ大臣はEUのハビエル・ソラーナ外交担当との会談で「イランは時間稼ぎをしており、核能力への道を速く進んでいる」と述べた。同大臣は「証拠が無いとする、IAEAのエルバラダイ事務局長は、イランを止めようとする努力を害する」と強調。また「同局長の発言は全世界にとって悪いニュースだ」と言明。「ソラーナ氏が国連安全保障理事会に提出する報告書には、イランに向けた更なる制裁に向け、重大な意味がある」とした。

続きを読む

投稿者 moshe : 22:27 | コメント (0)

『武士の一分』inイスラエル

   

続きを読む

投稿者 moshe : 00:07 | コメント (1)

2007年11月13日

シリアとの秘密交渉?

2007年11月13日(火)8時のニュース

米政府主要関係者は「なぜバラク国防相が、独自のシリアとの交渉ルートを企画したのか理解できない」と述べた。イスラエル政府代表に対し、会議で述べたもの。会議の参加者は「米政府はシリアを否定的に見ている」と指摘し、「シリアはイランの同盟国だ」と強調した。

続きを読む

投稿者 moshe : 22:15 | コメント (0)

2007年11月12日

イスラエル軍准将、戦争中の軍上層部を批判

2007年11月11日(日)22時のニュース

第二次レバノン戦争でガリレア方面軍長を務め、戦争責任を取り辞任したガル・ヒルシュ准将は「国防軍には立ちの悪い党の中央委員会の意識が入り込んだ」と非難し、「軍は危険にも政治化していた」と述べた。同准将は「戦争は責任感の無い株主達(※1)によって運営され、前線を率いようとする先駆者(※2)はいなかった」と発言。また「戦争には全体的な過失は無かったものの、軍指導部は事前に用意された計画を信用しなかった」と指摘。「問題が大きくなったときには、軍の基本的な方針を失い、将校を前線に置き去りにし(※3)、責任を取らなかった」とした。

続きを読む

投稿者 moshe : 08:32 | コメント (0)

2007年11月06日

ネタニヤフ野党党首、アナポリス会議に向けオルメルト首相を非難

2007年11月6日(火)8時のニュース

エルクッツ・エルアラビアは「アナポリス会議で発表されるイスラエルとパレスチナの声明は、米国が作成した」と報道した。報道によると、ライス米国務長官はその意図をアブー・マゼン議長に伝え、次の中東訪問の際に、声明をイスラエル・パレスチナ両首脳に提示する予定。声明は両国の相違点を埋め、ブッシュ大統領在任中に紛争を解決するために使用する。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:42 | コメント (0)

2007年11月05日

サッカー・ベイタル、ラビン首相への黙祷時にブーイング

2007年11月4日(日)23時のニュース

ベイタル・エルサレムのサポーターは、ラビン首相への黙祷の際にブーイングをした。黙祷は、ハイファで行われた、マッカビ・ハイファとベイタル・エルサレムの試合前に行われた。一部のサポーターは、ラビン首相の暗殺者イーガル・アミールを賞賛する歌を歌った。

続きを読む

投稿者 moshe : 02:16 | コメント (0)

2007年11月04日

ラビン首相暗殺記念に式典に15万人

2007年11月3日(土)23時のニュース

テルアビブのラビン広場では、ラビン元首相暗殺12周年の記念式典が行われた。主催者は約15万人が式典に参加したことを明らかにした。シモン・ペレス大統領は式典で「平和への努力やプロセスは、全て支持すべきだ」と発言。同大統領は参加者に声を上げ、「ラビン首相が残した火」を掲げ続けるよう呼びかけた。「あなた達はラビンの後継者です」と語った。

続きを読む

投稿者 moshe : 06:56 | コメント (0)

2007年11月03日

ムバラク大統領続投

2007年11月3日(土)15時のニュース

PLOの難民担当部は「イスラエルとの如何なる合意においても、パレスチナは、1948年の国連決議に基づき、難民の帰還権を要求する」と述べた。「難民問題はパレスチナの戦略的目標であり続け、アナポリス会議でも取り上げる」と発言。同担当部は、パレスチナの土地を何の権利も無く相応しくもない者に与えた、「呪われたバファロ宣言」が歴史上最も大きな間違いであることを認めるよう呼びかけた。

続きを読む

投稿者 moshe : 23:16 | コメント (2)

2007年11月02日

アブー・マゼン議長、ハマス幹部と会談

2007年11月2日(金)15時のニュース

ラビン首相の暗殺者イーガル・アミールが2日後刑務所内で長男の割礼式を行うことに対し、控訴が3件提出された。行政裁判所は「テルアビブ地裁のツヴィ・グルフィンカー裁判官の判決は理にかなっている」として判決を擁護。刑務所内での割礼式に反対する控訴は「社会変化の会」、労働党の「11月4日の会」と広報活動家のラニ・ラハブ氏は提出した。

続きを読む

投稿者 moshe : 23:38 | コメント (2)

2007年11月01日

中高大のスト続く

2007年11月1日(木)9時のニュース

中高教員のスト。地方行政センターは労働裁判所に、高校生を大学入試試験に備える教師に対し、職務復帰命令を要請した。エルサレムの庁舎の前では、ハイファの学校の校長と教師が既に4日間ハングリーストライキを続けている。教員は、低い教師の賃金と職場の悪環境に抗議。昨日、教員組合は、3年の間賃金を1.5%上げ、数ヶ月の間に教育改革を約束する財務相の案を拒否した。拒否を受け、地方行政センターのアディー・エルダー委員長は「教員と財務省の仲介役を降りる」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 18:49 | コメント (0)