2007年07月
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月30日

「拉致兵士の1人は死亡」レバノン紙

レバノン紙アナハールは、昨年の第2次レバノン戦争の発端となった拉致兵士2人の内、1人が死亡し、1人が生存していると報道した。拉致の直後に行われた調査では、拉致兵士1人が生きていない可能性があり、もう1人は少なくとも重傷としていた。

続きを読む

投稿者 moshe : 02:16 | コメント (2)

2007年07月26日

ゼネスト

ここ2週間、なぜかサーバー遮断されて更新することが出来ませんでした(自分のサイトなのになぜ?)。大学からも出来なかったので、おそらくイスラエルからの更新が遮断されていたんだと思います。この間の記事は日本から出してもらいました。今日、完全に問題を解決してもらい、更新の再開が可能になりました。長い間休んで申し訳ありませんでした。今日から更新します。

続きを読む

投稿者 moshe : 03:35 | コメント (5)

2007年07月24日

「ナクバ」か「独立戦争」か?

イスラエル教育省が承認した新しい3年生用の地理教科書が波紋を呼んでいる。ユリ・タミール教育相は22日(日)、イスラエルの独立戦争をアラブ側の視点から描いた教科書を承認したと発表。教科書はアラブ系の小学校で使用される予定だ。

続きを読む

投稿者 moshe : 09:51 | コメント (4) | トラックバック(0)

2007年07月05日

ハマス、BBC記者を釈放

2007年7月4日のニュース

*内閣改造:ラモン元法相は次席首相に就任
セクハラ疑惑で辞職を余儀なくされたハイム・ラモン元法相が、次席首相に就任した。オルメルト首相は、同元法相を次席首相に指名し、国会はこれを承認。このほかにも、ロニー・バロン内相が財務相に任命されるなど、数名が新しいポストに就任した。

続きを読む

投稿者 moshe : 20:47 | コメント (0) | トラックバック(0)

2007年07月04日

カツァブ元大統領、テレビ取材に応じる

2007年7月3日のニュース

*カツァブ元大統領、2チャンネルにインタビュー
カツァブ元大統領は、司法取引が交渉されて以来初めてインタビューに応じ、「司法取引は、元の起訴の90%以上を取り消し、これらが根拠の無いことを証明した」と述べた。同元大統領は「嘘が、こんなにも簡単に人間や家族を陥れることが出来るかと思うと恐ろしい」と強調した。

投稿者 moshe : 01:55 | コメント (0) | トラックバック(0)

2007年07月03日

第2次レバノン戦争1周年

2007年7月2日のニュース

*第2次レバノン戦争1周年
第2次レバノン戦争の追悼記念式典で、ダリヤ・イツィク暫定大統領は「戦争はテロの拡大を黙認することがどれだけ危険かを思い出させた」と述べ、「この戦争は、大きな代償を払い、イスラエルの目を覚ませたものとして、後世に伝えられるだろう」と強調した。同暫定大統領は「今は国のためを考えるべきだ」として、リクードに挙国一致内閣の設立を呼びかけた。また、拉致兵士に関する情報を提供するよう、ヒズボラに要請した。

続きを読む

投稿者 moshe : 02:07 | コメント (4) | トラックバック(0)

2007年07月02日

バラク国防相「労働党は、ヴィノグラード調査委の報告書提出後に内閣離脱」

2007年7月1日のニュース

*オルメルト首相、財務省をバロン内相に要請
汚職疑惑のため、休職していたヒルシュゾン財務相の辞職を受け、新しい財務相の指名を迫られていたオルメルト首相は、ロニー・バロン内相に要請した。これにより、他にも内閣変革が行われ、ハイム・ラモン元法相は次席首相に、メイール・シトリット建設相は内相に、エルサレム担当大臣のヤアコブ・エドリーが建設相に、そしてロハマ・アブラハム議員がエルサレム担当大臣に就任する見通し。

続きを読む

投稿者 moshe : 03:24 | コメント (0) | トラックバック(0)

2007年07月01日

カツァブ大統領強姦疑惑、司法取引へ

2007年6月30日(土)21時のニュース

テルアビブのラビン広場では現在、カツァブ大統領との司法取引を中止し、公判による判決を下すことを呼びかけ、数千人がデモを行っている。参加者のヤエル・ダヤン元議員は「司法取引は法典(イスラエル法曹界の意)の汚点であり、今夜は我々全員が(被害者)Aさんだ」と批判。同元議員は「我々が求めるのは公正であり同情ではない。正義であり、復讐ではない」と強調。ザハバ・ガルオン議員は「マズーズ検事総長は恐れをなした」と述べ、「彼が作り上げた取引は成功しない」とした。

続きを読む

投稿者 moshe : 04:39 | コメント (2) | トラックバック(0)