« パレスチナで少年1人死亡。レバノン・デモ続く | メイン | ガザでの衝突でパレスチナ人2人死亡 »

2006年12月04日

カツァブ大統領息子もワイセツ行為容疑で起訴

2006年12月3日(日)22時 FM95のニュース

イスラエル電車会社の女性従業員が、同社の従業員でモシェ・カツァブ大統領の息子であるアリエル・カツァブ氏が、言葉のワイセツ行為を働いたとして起訴を提出した。電車会社の報道官は、「2週間前、同社のワイセツ行為担当員に提出され、内容は現在検討されている」と認めた。

電車会社幹部はイスラエル放送の二スィム・ケイナン記者に「女性同業者は、不十分な職務機能により、解雇を目前にしており、彼女の上司らは起訴について知らなかった」と述べた。

−−−

レバノン。ベイルート西方のスンニ派地区で起きた、シーア派とスンニ派の衝突で、シーア派の若者が死亡した。町の中心部ではすでに3日間、10万人のデモ隊がシニオラ内閣の総辞職を呼びかけている。

−−−

パレスチナのイスマイル・ハニヤ首相はシリアを訪問した。ハニヤ首相は同国のムハマド・ナジー・オトリ(Mukhanad Naji Ottri?)首相とハマスのハレド・メシャル政治部門長と会談する。訪問時、記者団に対し「会談は、イスラエルがパレスチナに対して行っている包囲について」と発言。「新内閣の組閣失敗を受け、内閣は辞任するか」との問いに対しては「その質問に答えるのは時期尚早」と答えた。

投稿者 moshe : 2006年12月04日 07:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/265

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)