« カツァブ大統領息子もワイセツ行為容疑で起訴 | メイン | 米国防長官候補「核兵器攻撃無いと約束できない」 »

2006年12月05日

ガザでの衝突でパレスチナ人2人死亡

2006年12月4日(月)22時 FM95のニュース

トゥル・カレムで起きた国防軍の衝突でパレスチナ人のマハムード・アベド・エルアール氏が死亡し、2人が負傷した。負傷者の1人は、ファタハ武装部隊長の1人のアナン・ヤイシ。彼は中度の怪我をし、イスラエルの病院に運ばれた。国防筋によると、ヤイシはイスラエル国内での自爆テロを計画していた。

---


ファタハの中央理事会は、パレスチナへの経済封鎖を止めることの出来るメンバーと政策を持つ、国家救済内閣の設立を支持した。同理事会は、公表した声明でハマスに、パレスチナ自治政府が調印した協定、アラブ諸国の決定と国連の決定を尊重するよう呼びかけた。また「カルテットが提示する、封鎖解除の条件に反対する」とした。

---

フランス社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル大統領候補は、ハマスが、テロ停止、イスラエルの存在の承認、パレスチナ自治政府が調印した協定の尊重といった、カルテットの条件を承認しない限り、同組織との交渉に反対した。

エルサレムの記者会見でロワイヤル候補は「イスラエルはレバノン上空を飛んでもよい」としたものの、出来るだけ飛行件数を減らすよう期待を示した。また、イランの核開発計画に再三反対した。

投稿者 moshe : 2006年12月05日 13:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/266

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)