« イスラエル内相「ゴラン高原についての交渉はない」 | メイン | 拉致兵士釈放の交渉、エジプト仲介で続く »

2006年11月24日

オルメルトとペレツが会談

2006年11月23日(水)22時 FM95のニュース

ヘブロン北方のハルフール近辺で、イスラエルの車両が発砲を受けた。負傷者は出なかった。国防軍は現場を捜索している。

ネゲブ西方に向け、少なくとも3発のカッサム・ロケット弾が発射された。負傷者は出なく、被害に関する報告はない。

ベイト・ハヌン南方では、国防軍兵士らが3つのロケット弾発射機を消滅した。発射の容疑者1人は逮捕され、連行された。ガザ地区北部で活動中の国防軍部隊は、8人のテロリストに打撃を与えた。兵士1人が中度の怪我、将校1人がごく軽度の怪我を受けた。

−−−

オルメルト首相とペレツ国防相は明日、テルアビブの合同庁舎で会談する。会談は「仕事の会談」としている。国防省事務所は「定例の会談」としている。

今日ペレツ国防相は、「同相とオルメルト首相の対決は国の防衛を危険にさらす」との意見を否定し「自分の目の前にあるのは国家的責任のみ」と述べた。

投稿者 moshe : 2006年11月24日 13:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/258

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)