« レバノン工業相暗殺 | メイン | オルメルトとペレツが会談 »

2006年11月23日

イスラエル内相「ゴラン高原についての交渉はない」

2006年11月22日(水)22時 FM95のニュース

ロニー・バロン内相は「ゴラン高原に関する交渉はなく、これからも無い」と述べた。また「イスラエルの殲滅を目的とする悪の枢軸と対話する者は、『国際防衛壁』を破壊し、イスラエルの基盤を壊す」と非難。バロン内相は、これらの発言を、ペタハティクバのカディーマ府のカディーマ地方行政集会にて述べた。集会には、73人の地方行政長が参加した。

−−−

ヨーロッパ連合のベニータ・フェレーロ・バルトナー対外関係担当委員は「EU加盟国は、中東和平案について、ひとつの案のみを提示すべき」と述べた。ローマ訪問中、フェレーロ・バルトナーは「先週、イタリア、スペインとフランスが提示した案は好ましいが、全てのEU加盟国と議論すべきだった」と発言。訪問前、イタリアのプロディ首相は「和平案を支持する国の数を、特にイギリスとドイツを入れ、拡大しなくてはならない」と指摘した。

投稿者 moshe : 2006年11月23日 09:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/257

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)