« 参謀総長、命令違反のクラスター爆弾使用について調査を指令 | メイン | レバノン工業相暗殺 »

2006年11月21日

ガザ地区でハマス活動家殺害

2006年11月20日(月)22時 FM95のニュース

パレスチナは「ガザ市サジャイーエ地区のイスラエル空軍の車両攻撃により、ハマス活動家2人死亡し、と子供を含む6人が負傷したと報道した。パレスチナ防衛筋は「アブデル・ハジェル・ハベブとその護衛」と述べた。他に1名が車両爆発前に逃走した。

−−−


アミール・ペレツ国防相は「主要な任務は、国防軍の能力復興、緊急倉庫部隊の問題解決と長年の野放しを乗り越えて次なる体面に備えること」と述べた。また「レバノン戦争においてイスラエルは、年月とともにはっきりしていく戦果を上げた」と発言。アブー・マゼン議長との会話については「大規模な軍事作戦を展開せざるを得なくなる前に、外交を検討する必要がある」と指摘。

ペレツ国防相は「イスラエルへのミサイル攻撃を、最重要項目とするよう指示した」と述べた。また「我々は平和の手を差し伸べている。しかし、勇気のある平和の手が返ってこなければ、テロの手を切断するためにすべてのことをする」と発言。ペレツ大臣はこれらの発言を、ヘルツェリアの空軍基地で述べた。

投稿者 moshe : 2006年11月21日 13:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/255

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)