« 専門大学案、却下 | メイン | ベイト・ハヌン軍事作戦続く。エルサレムでは超正統派の暴動 »

2006年11月02日

ベイト・ハヌン爆撃

2006年11月1日(水) 22時 イスラエル放送(FM95)

パレスチナは、「イスラエル空軍がガザ地区北部のベイト・ハヌンを爆撃した」と報道した。爆撃により、パレスチナ人1人が死亡し、8人が負傷した。パレスチナによると、同地域では、軍活動により8人が死亡した。ベイト・ハヌン近辺では、イスラエル兵士が爆弾を設置しようとしたパレスチナ人2人に向け発砲し、危害を加えた。

パレスチナ自治政府のアブー・マゼン議長は「イスラエル軍のベイト・ハヌンへの爆撃は、イスラエルが平和を望んでいないという証拠だ」と非難した。また「イスラエルは暗殺計画を行い、理由なしに緊張を高めている」と牽制。ハマス軍事部門は「国防軍の攻撃に報復し、スデロット市民に打撃を与える」と警告した。


ハルーツ参謀総長は、ペレツ国防省と会談し、准将や大佐の任命推薦について説明した。ペレツ国防省は推薦を検討し、同件について再会する。今週発表された推薦は、市民の怒りを高めた。兵士遺族らは、レバノン戦争に参加したどの部隊長も解雇されないことについてと非難。「参謀総長は、軍隊内の調査が終了するまで待つべきだった」とした。

投稿者 moshe : 2006年11月02日 13:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/242

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)