2006年05月
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月22日

「アッバスは無力」オルメルト首相

2006年5月22日08:00 FM95 のニュース

エフード・オルメルト首相は、就任後初の訪米に向け、ワシントンに到着した。今日は、コンドリーサ・ライス国務長官と会談。23日(火)は、ブッシュ大統領と会談及び会食する。また、ラムズフェルド国防長官とも会談する予定。ホワイトハウスはオルメルトとの会談に6時間割り当てた。

24日(水)は、上下両院での演説の後、在米ユダヤ人社会の代表らと会談する。

続きを読む

投稿者 moshe : 15:02 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月21日

オルメルト首相、初の訪米

2006年5月21日07:00 FM95 のニュース

エフード・オルメルト首相は、今日昼ワシントンに発ち、23日(火)にブッシュ大統領と会談及び会食する。このほか、ラムズフェルド国防長官と同日、ライス国務長官と22日(月)に会談する。

水曜日は、上下両院での演説の後、在米ユダヤ人社会代表らと会談する。イスラエル政府関係者は「米政府は、オルメルト首相に暖かい訪問を用意している」と発言。また「会談の要点はイラン危機であり、(イスラエル占領地の)集中計画は留意されるにとどまる」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 14:03 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月20日

イラン宗教的少数派に布切れ着用義務?カナダ紙報道

2006年5月20日02:00 FM95 のニュース

テヘランは「ユダヤ系イラン人に、黄色い布切れの着用を義務付ける法をイラン国会が可決した」との報道を否定した。イラン人流浪者の証言に基づく、カナダのナショナル・ポスト紙の報道によると、法律は来年初頭に施行される予定。また、キリスト教徒や他の少数派にも色違いの布切れ着用を義務付ける。

米外務省報道官は「この報道が本当ならば、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害を髣髴させる、恐ろしい行為だ」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 09:09 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月19日

パレスチナ警察とハマスが衝突

2006年5月19日07:00 FM95 のニュース

パレスチナ警官とハマス・メンバーがガザ市で衝突。交戦の結果、パレスチナ警官2名、ハマス活動家1名、ファタハ活動家1名の計4名が負傷した。

数名が警察署に接近し、警官とハマスが設立した新治安部隊に向け発砲。ガザでは、この攻撃の目的は、パレスチナ警察とハマス系治安部隊を争わせるのが目的との見方をしている。

続きを読む

投稿者 moshe : 14:10 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月15日

「ポラード釈放に全力で努める」年金党エイタン党首

2006年5月15日10:00 FM95 のニュース

ラフィー・エイタン大臣は「ジョナサン・ポラードによる中傷に関わりなく、彼の釈放に全力で努める」と発言。また取材に対しエイタン大臣は、キューバへの旅行の目的が、カストロ評議長と面会との説を否定。「これは個人的な旅行で、目的はビジネスだ」と述べた。

続きを読む

投稿者 moshe : 17:34 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月14日

国籍法と入国法について審理、イスラエル行政裁判所

2006年5月14日08:00 FM95 のニュース

11人の裁判官から構成される行政裁判所は、今朝、国籍法及び入国法廃止を求める告訴についての判決を発表する。国籍法と入国法は2年半ほど前に受理され、パレスチナ人とアラブ系イスラエル人の結婚などを削減した。

国会は、法を期限付きで承諾し、何度か期限を延長。9ヶ月前、行政裁判所は制限を緩和した。

告訴は市民人権運動『アデーラ』と数人の国会議員により、提出。議員らは「これらは人種差別的で、市民権を侵害する法だ」と非難した。

続きを読む

投稿者 moshe : 08:12 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月11日

俳優ヨースィー・バナイ死去

2006年5月11日15:00 FM95 のニュース

イスラエル賞(※注1)受賞者で作家、俳優、監督、劇作家のヨースィー・バナイがテルアビブの実家で癌で亡くなった。74歳だった。葬儀は12日午前11時から、キブツ・ギブアット・ハシュロシャの墓地で行われる。

ナハル部隊(※注2)出身のヨースィー・バナイは、自らの出身地であるマハネ・イェフダ市場付近の住宅地を多くのアルバムや番組の題材にした。その住宅地と、エルサレム出身のソラメロ(※注3)を画いた劇『ソラメロの帰還』は大きな反響を呼んだ。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:03 | コメント (2) | トラックバック(0)

2006年05月09日

「殲滅で威嚇する者は、自らを殲滅の危険にさらす」ペレス次席首相

2006年5月9日08:00 FM95 のニュース

リクードのスィルバン・シャローム議員は、昨夜(イランの核開発について)「殲滅で威嚇する者は、自らを殲滅の危険にさらす」と述べた、シモン・ペレスを批判した。

取材の中でシャロームは「国際社会の目をイランからイスラエルに向ける不適切な発言」とペレスを非難。また「発言は、イスラエルの原子炉へのモニター設置を要求する(海外の)声を強め、原子爆弾に関するイスラエルのあいまい政策に害を及ぼした」と指摘した。

続きを読む

投稿者 moshe : 09:33 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月08日

トーラー・ユダヤ教連合との連立交渉続く

2006年5月8日07:00 FM95 のニュース

トーラー・ユダヤ教連合とカディーマの代表は、今日連立交渉を続行し、相違点について会談する。昨日の交渉では進展はなかった。カディーマはユダヤ教連合に国会財務委員長の他に、もう1名の委員長と大臣の権限を持った福祉省の副大臣(※注1)を提示した。

またユダヤ教連合は、多子世帯への児童手当の復元と、国立施設による宗教的サービスを設置する法を要求した。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:01 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月05日

オルメルト内閣発足

2006年5月5日09:00 FM95 のニュース

カディーマのマリーナ・ソロドキン議員は取材に対し、「私は『反逆者』(※注1)ではない」と述べた。昨日の国会審議と内閣宣誓式を欠席したソロドキンは「新内閣は支持するが、旧ソ連からの移民の大臣を起用しなかったのは間違いだ」と批判。

また「アリエル・シャロン前首相とは、旧ソ連からの移民を大臣に任命する約束こそなかったものの、それを代表するのに相応しい人物を選ばなくてはならないという事で意見が一致していた」と指摘した。

続きを読む

投稿者 moshe : 15:24 | コメント (0) | トラックバック(0)

イスラエル用語辞典

今まで説明した用語を、より分かりやすいように、下記のデータベースにまとめてあります。
http://wiki.livedoor.jp/moshejp

是非活用してください!
役に立つと思います。

投稿者 moshe : 06:26 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月04日

新内閣、今日宣誓式

2006年5月4日10:00 FM95 のニュース

新内閣は今日昼、国会で宣誓する。その前に、ダリヤ・イツィクが国会議長に任命される予定。オルメルトは内閣の基本方針と閣僚名簿を固め、国会はこれについて審議と投票を行う。

トーラー・ユダヤ教連合のヤアコブ・リッツマン議員は、同党が内閣に参加していないものの、今のところ国会の財務委員長として残る。カディーマはユダヤ教連合の内閣参加のため、交渉を再開する模様。

続きを読む

投稿者 moshe : 16:45 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月02日

戦没記念日記念式典

2006年5月2日06:00 FM95 のニュース

今日の戦没記念日記念式典は11時に、23,123人(※注1)の死者への黙祷と2分間のサイレン吹鳴を持って開始する。その後、国防軍墓地、非軍事墓地、モニュメントなど93ヵ所で式典が開かれる。

中央式典はヘルツェル山で午後1時に開催。去年は、138人の兵士と45人の民間人が亡くなった。

続きを読む

投稿者 moshe : 21:23 | コメント (0) | トラックバック(0)

新内閣の閣僚名簿

組閣がほぼ終わり、トーラー・ユダヤ教連合次第で少し代わるかもしれませんが、新内閣は以下の通りです。

首相:エフード・オルメルト (カディーマ)
首相代理:ツィーピー・リブニー (カディーマ)
副首相:シモン・ペレス (カディーマ)
首相補佐:エリー・イシャイ (シャス)、シャウル・モファズ(カディーマ)

続きを読む

投稿者 moshe : 00:25 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年05月01日

シャス連立参加。内閣ほぼ確定

2006年5月1日06:00 FM95 のニュース

シャスとの連立合意が調印された。シャスのエリ・イシャイ党首は、副首相兼通商産業労働相を確保。シャスは他に通信相、首相府宗教担当の無任所相、教育または財務担当のの無任所相を確保した。イスラエル土地局はカディーマに譲られた。

社会保障政策については、予定されていた多子世帯への児童手当の削減計画を中止することで合意。また、20億シェケルが貧困世帯の児童と彼らの教育プロジェクトに宛てられることで合意し、イシャイがこれらを担当する社会経済審議会の議長となった。

続きを読む

投稿者 moshe : 15:32 | コメント (0) | トラックバック(0)