« ヴィルナイ大臣出馬取り下げ。ペレスとペレツの一騎打ちに… | メイン | 労働党党内選挙、アミール・ペレツが逆転勝利 »

2005年11月08日

シャロン派大臣の指名否決。選挙日程早めるか?

2005年11月8日08:00 FM95 のニュース

シャロン首相は昨夜、バロンとボイムの指名が否決されたことについて、「内閣大臣の反対投票には今後何らかの影響があるだろう」と述べた。また、「個人的な理由などが、大臣に相応しい2人の指名を妨げるのは、残念だ」と発言した。

シャロン側近は、「シャロンは総選挙を早め、リクード党党内選挙に出馬するか、新党を成立するかを決めなければならない」と発言した。


国会は昨夜、エフード・オルメルトの財務大臣指名とマタン・ヴィルナイの科学大臣指名を決議した。71人が賛成し41人が反対した。この決議の前、国会は、同時に提出された、オルメルト、バロンとボイムの閣僚人事案を否決した。

【解説】

シャロン派の大臣指名が国会で否決された。これにより、総選挙が早まる可能性が出てきた。総選挙は1年後に予定されている。新聞にはシャロン側近の「シャロンは選挙を早めるつもりでいる」との発言が見出しに出ている。


シャロン派のメンバーで昨日唯一指名されたのが、副首相で財務大臣代理のエフード・オルメルト。8月の、ネタニヤフ財務大臣の辞任後、代理をしていた。


【関連記事】
閣僚人案提出にていての昨日の記事 (11月7日)


【エフード・オルメルト】
olmert
イスラエルの首相代理、通産大臣、財務大臣。元エルサレム市長。

―――

1945年、ビンヤミナ近辺のナハラット・ジャボティンスキーで生まれる。ヘブライ大学で、心理学、哲学と法律を勉強し、本職は弁護士。


1973年、リクード党から国会入りし、1998年には無在所大臣に、1990年には厚生大臣に任命される。

1993年にはエルサレム市長選に当選。しかし、再び国会議員になる為、2003年に辞任する。2003年の選挙の後、首相代理兼通産大臣に任命される。


オルメルトはシャロン派の議員で、シャロン後任を目指している。このため、シャロンの分離計画を支持するが、ライバルのネタニヤフの経済計画は非難。

2005年8月、ネタニヤフが財務大臣を辞任してからは、オルメルトが代わりに代理の財務大臣となった。同年11月、正式に財務大臣となる。

投稿者 moshe : 2005年11月08日 16:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mt66.kenko-daijiten.com/moshe/mt-tb.cgi/58

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)